Implant Implant

前歯が折れた、差し歯が取れたら
インプラント治療

折れてしまった前歯を取り戻す
インプラント治療

インプラント治療とは、失ってしまった歯の見た目と機能を取り戻すための治療方法です。虫歯や歯周病、事故などで歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタンでつくられた人工歯根を埋め込み、その上からセラミック製の人工歯を取り付けることで自然な見た目と機能を取り戻します。安全性の高いインプラント治療なら、東川口の歯医者「れおファミリー歯科」にお任せください。

診療への想い

Interview

診療への想い

一生涯、あなたらしい笑顔で過ごすための選択を

一生涯、あなたらしい笑顔で過ごすための選択を

歯を失ってしまった時、咬む機能をいかに補うかは非常に重要な問題です。大切なのは元あった歯と同じような感覚で咬めるようになること。口の中に違和感があると、片側だけで咬むクセがついたり、咬み合わせが変わったりすることで、肩こりや頭痛など歯以外の不調を引き起こすことがあります。ブリッジや入れ歯でも最低限の咬む機能や見た目を取り戻すことはできますが、当院がおすすめするのは、治療のために健康な歯を削る必要のない「インプラント」です。

前歯を失ったり、差し歯が取れたりすると「できるだけ早く治したい」という気持ちになるのは当然でしょう。ただブリッジや部分入れ歯は不自然な見た目になりやすく、隣の歯を土台にすることで健康な歯の寿命を縮める恐れもあります。目先の不便にとらわれて「丈夫な歯を削る」という判断を簡単に下してほしくない――。私たちは全身の健康や若々しい見た目の維持のために、心から納得できる治療を選んでほしいという思いで、インプラント治療のご案内をしています。

世界中どこでもメンテナンスできることが「安心」の基準です

世界中どこでもメンテナンスできることが
「安心」の基準です

インプラントのメリットは、天然歯と同じように咬めて見た目も自然な点ですが、多くの場合保険がきかず、ほかの治療と比べて費用が高額になりがちです。しかし、費用を聞いただけで選択肢から外してしまうのは非常に惜しいこと。私たちは「本当はこうしたい」という患者様の声に耳を傾け、できる限り希望に添えるような治療を提案します。

しかし、「安いメーカーに変えたい」というオーダーにはお応えいたしかねます。品質に妥協してしまうと、せっかく入れたインプラントが脱落してしまう恐れが高まるからです。当院が治療に使用するインプラントは、日本はもちろん世界各国で使用されているストローマン社製。これなら、引っ越しをして医院を変えても、旅先でアクシデントに見舞われても、必要なメンテナンスができずに困るといったことがありません。世界的なシェアや性能はもちろん、インプラントを製造・販売する会社がこの先も安定して続いていくかどうかまで考えておすすめしています。生涯にわたり、安心して使い続けられるインプラントを提供することは、歯科医院として当たり前のことです。

前歯が折れたとき、差し歯が抜けたときあなたは何で補いますか?

前歯が折れたとき、
差し歯が抜けたとき
あなたは何で補いますか?

前歯を失ったままでは目立ってしまいます

事故などによる外傷で前歯が折れてしまった場合や、差し歯が土台から抜けてしまった時など、失った歯を補うためにあなたはどんな治療法を選びますか?

前歯は顔に与える印象は大きく、常に見られる部分でもあります。だからこそ、できる限り自然できれいな見た目にしたいのではないでしょうか? そこで、当院ではインプラント治療をおすすめしています。

目立たずしっかり咬める歯へ

インプラント治療で使用するセラミック素材は、周りの歯と見分けがつかないほど自然で審美性が高いため、治療したことがほとんどわからない仕上がりになります。また、審美性だけでなく機能面にも力を入れることで本物の歯と同様の咬み心地を実現しますので、正常な前歯があったときと同じような生活を送ることが可能です。

治療中でも自然な見た目になる「仮歯」を入れます

治療中でも
自然な見た目になる
「仮歯」を入れます

インプラント治療は、完了までに数ヶ月かかる治療法です。そのため、治療中の見た目などが気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか? 正式なセラミック素材の歯がすぐに入るわけではありませんが、当院では治療中も自然な見た目の「仮歯」を使用するため、人前に出るお仕事の方でも安心です。

仮歯の役割

インプラント治療の途中で仮歯を使用することには、いくつかの理由があります。まずは、治療中の見た目を自然にすること。次に、治療している患部へ細菌などが侵入するのを防ぐことです。

さらに、失った歯をそのままにしていると、周りの歯は抜けてしまった部分に動いたり傾いたりして歯並びが乱れてしまいます。仮歯を使用することで、歯並びの乱れを防ぐこともできるのです。

Our approach
れおファミリー歯科での取り組み

efforts01インプラント実績多数

インプラント実績多数

インプラント治療には外科手術を伴うため、不安を覚える方も多いのではないでしょうか? 当院では年間70~80本のインプラント治療の実績を持っており、治療の正確性や精度の高さから多くの方に選んでいただいています。これからインプラント治療をお考えの方は、まずはお気軽に当院までご相談ください。

efforts02歯科用CTを使用した精密な診査診断

歯科用CTを使用した精密な診査診断

インプラント治療では顎の骨に人工歯根を入れる手術を行いますが、近くに大動脈や神経があるため、この部分を損傷すると出血や麻痺といった症状が出る危険性もあります。当院では、患部を立体的に確認できる歯科用CTを使用することで正確な診断を行っています。

CTを使用することで顎の骨の状態を事前に確認できるほか、3次元的に大動脈や神経の位置がわかります。インプラントを埋入する角度や深さ、血管や神経の位置も正確に把握できるため、治療の精度が大きく向上するのです。

efforts03ガイデッドサージェリーを使用した安全性の高い治療

ガイデッドサージェリーを用いた安全性の高い治療

インプラント治療は従来、フリーハンドで行うのが当たり前でした。治療ではミリ単位のずれも許されないため、治療が成功するかどうかは医師の技術に頼るしかない状態だったのです。当院では、医師が技術を磨くことは当然ながら、より安全性を高めるために「ガイデットサージェリー」を導入しています。

ガイデッドサージェリーとは、CTによって得られたデータをもとにコンピューター上で正確に設計したインプラント治療を行うことです。患者様一人ひとりに合わせた正確な埋入位置がわかるため、安全性の高い治療を行うことが可能です。

efforts04骨が足りない方でも再生治療でインプラントが可能

骨が足りない方でも再生治療でインプラントが可能

インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込む治療です。そのため、歯周病などで顎の骨が溶けてしまい十分な量が確保できない場合などは行うことができませんでした。

しかし、現在の技術では顎の骨に十分な量がなくても治療が可能です。当院では、人工骨や患者様自身から採取した自家骨を移植することで足りない骨を補う「サイナスリフト」「ソケットリフト」や、骨補填剤によって骨の再生を促進させる「GBR」など、骨の再生治療にも対応しています。

骨粗鬆症薬を使用している場合や、年齢などで体がオペに耐えられない場合を除いて、難症例であっても治療は可能ですので、お気軽にご相談ください。

efforts05インプラントメーカーはどこを選ぶべき?

インプラントメーカーはどこを選ぶべき?

インプラントを製造しているメーカーは、世界中にあります。メーカーによって特徴だけでなく価格も大きく異なるため、何を基準に選べばいいのか悩んでしまう方もいるかもしれません。当院では、何より安全性を重視して「ストローマン」「ノーベルバイオケア」のインプラントを採用しています。

これらのメーカーのインプラントは、発売されてから何十年も経っており、実績は他のインプラントメーカーの追随を許しません。さらに、治療から何年も経ってから問題が起こる可能性を考えると、10年間という保障がついていることも大きなメリットです。

「ストローマン」「ノーベルバイオケア」ともに国内のみならず海外でも対応医院が非常に多いため、たとえ出張や転勤した先で問題が起こった場合でもメンテナンスを受けることが可能です。

格安インプラントをおすすめしない理由

インプラント治療は、保険が適用されない自由診療です。そのため医院ごとに価格は大きく異なり、選ぶインプラントメーカーによっても価格は変化します。「どうせ同じ治療だから」と安いインプラントを選んでしまう方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。

インプラント費用にはインプラント本体にかかる費用のほか、治療中につける仮歯や最終的に取り付ける人工歯の費用、さらには検査代などがかかってきます。しかし、格安インプラントの場合、インプラント本体だけの価格表示となっていることもあるのです。

また、メーカーとしての歴史が浅く実績が少ないことや、十分な保障がないこと、対応医院が少ないためアフターフォローが難しいなどのデメリットもあるのです。

抜けた歯を放置していた場合の危険性

虫歯や歯周病などによって歯が抜けてしまった場合、抜けた部分をそのままにしておくと、見た目が悪いだけでなくさまざまな問題が発生します。歯が抜けた場合や抜けそうな場合は、できるだけ早く歯科医院に相談しましょう。

  • Trouble
    01
    周りの歯が寄ってくる 周りの歯が寄ってくる 歯が抜けてできたすき間に、周りの歯が寄ってきてしまいます。そのため放置しておくと歯並びが乱れてきてしまうのです。
  • Trouble
    02
    咬み合わせが変化する 咬み合わせが変化する 歯が足りなくなることで、以前までの咬み合わせから変化してしまい、食事がしづらくなったりストレスがかかったりするようになります。
  • Trouble
    03
    咬み合わせのバランスが崩れる 咬み合わせのバランスが崩れる しっかり咬めない状態になってしまうため、咬み合わせのバランスが崩れて口まわりの筋肉に影響を及ぼし、身体全体の不調を引き起こします。
  • Trouble
    04
    歯が伸びてくる 歯が伸びてくる 歯の長さが長くなるのではなく、歯の根っこごと歯肉から出て来ている状態です。長期間放置してしまうと次第に歯がぐらつき、最終的には抜け落ちてしまう可能性があります。

入れ歯、ブリッジ、インプラントの比較

※表は左右にスクロールして確認することができます

  インプラント ブリッジ 入れ歯
噛む力
食べられるものの範囲
自分の歯の負担
清潔・清掃性
咬む力

※表は左右にスクロールして確認することができます

インプラント インプラントは顎の骨に固定されるため、本物の歯と同様に咬むことができます。また、食べられるものの範囲が広がり、あわび・ステーキ・するめなど固いものも食べられます。
ブリッジ ブリッジは失った歯を周りの歯で補う方法です。本物の歯と同様とはいきませんが、圧力を分散することができるため、ある程度なら咬むことができます。
入れ歯 入れ歯は、ほとんど歯茎で食べているのと同じ状態になってしまいます。そのため、天然歯に比べると噛む力はとても弱くなってしまいます。
歯の負担

※表は左右にスクロールして確認することができます

インプラント インプラントは人工歯根を入れた部分だけで歯を支えているため、周りの歯に与える影響はほとんどありません。
ブリッジ ブリッジは、両隣の歯を削らないと入れることができないため削った歯の寿命が短くなります。また、周りの歯に力がかかるため負担がとても大きくなります。
入れ歯 入れ歯は、ばねを掛ける歯に常に負担がかかってしまいます。長年使うことで歯がダメージを受けて、最終的には抜けてしまう可能性もあります。
清潔・清掃性

※表は左右にスクロールして確認することができます

インプラント インプラントは普通の歯みがきができるほか、スクリュー式であれば外して歯科医院でのメンテナンスを受けることもできるため、清潔に保ちやすくなります。
ブリッジ ブリッジはセメントでしっかり止めてしまうため、細かな部分に清掃が行き届かなくなり、虫歯の原因となる可能性があります。
入れ歯 入れ歯は取り外しが可能です。歯ブラシや洗浄剤などを使用することで清潔に保つことができます。

料金表

れおファミリー歯科が行っているインプラント治療の料金表をご案内しています。治療に関するご相談も承っていますので、インプラントをお考えの方はお気軽にご相談ください。

※表は左右にスクロールして確認することができます

診断料 ¥20,000
一次治療 ¥200,000
二次治療 ¥50,000
補綴 standard (HR) ¥150,000
補綴 Bio metal (PMB) ¥200,000
補綴 Premium (ジルコニア) ¥230,000
G.B.R (人口骨埋入) ¥50,000
Sinus lift ¥100,000