東川口駅北口の歯医者「れおファミリー歯科」の小児歯科・予防治療について

  • 駅近徒歩1分
  • 駐車場完備
  • バリアフリー
  • キッズスペース
  • 個室診療室

小児歯科・予防治療

虫歯ゼロを目指して

虫歯ゼロを目指して

乳歯は虫歯になりやすい歯です。しかし親御様がしっかりケアしてあげれば予防可能です。東川口駅北口から徒歩1分の歯医者「れおファミリー歯科」の小児歯科では、お子様を虫歯から守るサポートをしています。定期検診や予防処置は痛みをともないませんので、楽しみながら歯の健康を守ることができるのです。幼いころから、お口のケアを身につければ、それから先は永久歯になっても虫歯にかかりにくくなります。

れおファミリー歯科はお子様が楽しく通える歯医者です

予防や治療のために、小さなころからお子様が通いたくなるような歯科医院を目指しています。そのために当院ではさまざまな工夫をしています。

>>詳しくはこちらをご覧ください

小児歯科メニュー

ブラッシング指導 フッ素塗布
ブラッシング指導 フッ素塗布
歯の健康を守る基本は毎日のブラッシングです。お子様の口腔内の状態や発育状態に合わせたブラッシングの仕方をアドバイスします。親御様の仕上げみがきのコツもお伝えします。 フッ素には歯質を強くする効果や歯の再石灰化を促す作用が期待できます。また口腔内の細菌の活動を抑制するはたらきもあるので、定期的な歯面へのフッ素塗布がおすすめです。
シーラント 過剰歯の抜歯
シーラント 過剰歯の抜歯
奥歯の咬み合う面にある溝は深く複雑な形状をしているので汚れがたまりやすい場所です。虫歯になりやすいこの溝をあらかじめレジン(歯科用プラスチック)でふさいで虫歯を予防します。 過剰歯とは、本来生えてくる歯より過剰に生えてきた歯のことです。永久歯の歯並びや咬み合わせに悪影響を与えることが多いので、ほとんどの場合は抜歯となります。

「治療」よりも「予防」がおすすめです

「治療」よりも「予防」がおすすめです

虫歯になってしまうと健康な歯質が溶かされます。そして治療においても汚染された歯質を削らなければなりません。しかし歯を削ってしまうともう元には戻りません。治療により虫歯の進行を止めることはできますが、元の健康な歯質に戻すことはできないのです。

虫歯や歯周病は、発症と進行のメカニズムがわかっているので予防が可能な感染症です。病気を未然に防ぐことこそ、口腔内の健康を守ることにつながります。そのため東川口駅北口から徒歩1分の歯医者「れおファミリー歯科」では、定期検診によるメンテナンスをおすすめしています。

定期検診を活用しましょう

定期検診を活用しましょう

日本ではまだ多くの方に、歯科医院は「虫歯や歯周病の治療のために行くところ」と認識されています。しかし歯科先進国と呼ばれるようなスウェーデンや米国などは、歯科医院は「虫歯や歯周病にならないように予防に行くところ」というのが常識で、多くの方が定期的に口腔チェックを受け、歯のプロフェッショナルクリーニングを受けています。

永久歯は全部で28本あり、そのうち20本以上残っていれば、咀嚼や発音などにほとんど支障がないといわれています。約9割の人が定期検診を受けているスウェーデンでは、80歳の時点の平均残存歯数は20本だという報告があります。厚生労働省の「平成23年歯科疾患実態調査」によれば、日本でも少しずつ平均残存歯数が増えはじめ、今では約14本にまで届いていますが、まだ20本には足りません。スウェーデンの80歳の方が快適に過ごしているときに、日本の80歳の方は入れ歯などのお世話になっているといえるのです。

予防治療のメリット

虫歯や歯周病のリスクを減らせる 治療費を減らせる 治療のストレスを軽減
予防できれば病気になってしまったときの痛みや不具合を感じずに済みます。またしっかり咬めることにより、身体の健康にもつながります。 病気にかかってからの治療をして、そのうち再発させて、また治療して……をくり返していると治療費がどんどんかさんでいきます。 定期検診を受けていれば、もし病気にかかっていたとしても早期発見・早期治療につながり、比較的かんたんな治療で済みます。

予防治療メニュー

定期検診 PMTC
定期検診 PMTC
口腔内の変化はなかなか自分では気づきません。口腔ケアのプロフェッショナルによる定期的なチェックを受けていれば、少しの変化も見逃さずに済み、早期発見・早期治療につながります。 歯科医院で行う専門家による専門器具を使った歯のクリーニングのことです。毎日のセルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝の汚れを徹底的に除去します。虫歯や歯周病予防に有効で、歯面への軽い着色の除去や口臭予防にもつながります。
ブラッシング指導 フッ素塗布
ブラッシング指導 フッ素塗布
口腔内の状態は一人ひとり異なり、汚れが残りやすい部位も異なります。毎日のブラッシングで汚れを効果的に落とせるように、ブラッシングの仕方をアドバイスします。 歯の再石灰化を促し、歯質を強化するはたらきが期待できるフッ素を歯の表面に塗布する処置です。虫歯予防のためには定期的なフッ素塗布がおすすめです。

治療後はメンテナンスしましょう

治療後はメンテナンスしましょう

虫歯や歯周病は再発しやすい病気ですので、治療を行った状態を保つためにもメンテナンスが欠かせません。虫歯や歯周病の原因菌がひそむプラークは、約3ヵ月で再生してしまうといわれていますので、毎日のブラッシングに加えて定期検診を受けることが大切なのです。歯を健康に保ち、年を重ねてもご自分の歯で生活していただけるように定期検診をおすすめしています。

そして次回のメンテナンスのためのご予約を承り、患者様の口腔内の状態やスケジュールに合わせて3~4ヵ月先のアポイントを取るのです。思い出していただけるようにおはがきを出し、直前にはお電話でご予定を確認させていただきます。

ページの先頭へ

MENU

048-446-6622

受付時間 9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 19:30
休診日 日・祝日 / 土曜日は17:30まで

048-446-6622