歯医者「れおファミリー歯科(東川口駅北口から徒歩1分)」の歯周病治療

  • 駅近徒歩1分
  • 駐車場完備
  • バリアフリー
  • キッズスペース
  • 個室診療室

歯周病治療

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病です

厚生労働省の「平成23年歯科疾患実態調査」によれば、日本人が歯を失う原因第1位は歯周病で41.8%、第2位は虫歯で32.8%でした。歯ぐきの炎症からはじまり、やがては歯を支えるまわりの組織や顎の骨を溶かしていきます。いつの間にか進行してしまう歯周病。放っておくと歯が抜け落ちてしまうことにつながるこわい病気です。東川口駅北口から徒歩1分の歯医者「れおファミリー歯科」では、歯周病治療専門の歯科医師とスタッフが歯周病治療をご提供しています。

歯周病は広く蔓延している病気です

歯周病は広く蔓延している病気です

歯周病は高齢者がかかる病気だと思っていませんか? 実際は20代や30代の方にも歯周病を発症している方がいます。日本では成人の約8割が歯周病予備軍、またはすでに歯周病を発症しているといわれています。歯周病は初期段階では自覚症状がありませんので、すでに発症してしまっているかもしれないのです。

歯周病チェック

あなたは大丈夫ですか? かんたん歯周病チェックで確認してみてください。1つでもチェックがある方は、早めに歯科医院を受診しましょう。またチェックの数が多ければ多いほど歯周病が進んでいる可能性が高くなり、重症化しているかもしれません。できるだけ早く治療を受けましょう。

  • 朝起きたとき、口の中がネバついている
  • ブラッシングのとき、歯ぐきから出血することがある
  • 歯と歯の間に物が挟まりやすくなった
  • 口臭が強くなってきた
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきが下がり歯が長くなってきたように見える
  • 歯ぐきがムズムズする
  • 強く咬むと歯が痛む
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がぐらつく

歯周病の治療法

「れおファミリー歯科」では、歯周病の初期治療(基本的な治療)→患者様の教育→検査→歯周病治療→検査→歯周外科という一連の流れを専門スタッフとDr.が行っています。

基本的な歯周病治療
ブラッシング指導 スケーリング/ルートプレーニング
ブラッシング指導 スケーリング/ルートプレーニング
歯周病の治療と予防の基本は、歯の汚れを落とすことです。プラーク(歯垢)を効率よく落とすために患者様のお口の状態に合ったブラッシング方法をアドバイスします。 歯に付着する歯石をスケーラーで除去します。スケーラーでは落とせない歯と歯ぐきの溝にこびりついた歯石はキュレットで除去します。

初期治療を行ったら歯周病対策として毎日のブラッシングをご自宅で続けいただきます。しばらくして検査を行い改善していれば、メンテナンスに進みます。しかし歯ぐきの炎症が改善しない場合は、歯周外科治療に進みます。

歯周外科治療
歯周ポケットそうは術 フラップ手術
歯周ポケットそうは術 フラップ手術
局所麻酔をしてから歯周ポケット(歯と歯ぐきの深い溝)内のプラークや歯石、感染した歯肉を除去します。比較的歯周ポケットが浅い場合の治療です。 歯周ポケットが深い場合は、局所麻酔後、歯肉を切開して歯の根元を露出させてからプラークや歯石を除去します。汚染された歯ぐきも除去してから歯肉を縫合します。

初期治療を行ったら歯周病対策として毎日のブラッシングをご自宅で続けいただきます。しばらくして検査を行い改善していれば、メンテナンスに進みます。しかし歯ぐきの炎症が改善しない場合は、歯周外科治療に進みます。

院長からのワンポイントアドバイス

歯周病は完治する病気とはいえません。そして歯周病は再発しやすい病気です。悪化させないように定期的な通院が必要です。また進行を抑えるためにも、毎日のしっかりとしたセルフケアが欠かせません。しっかりサポートしますので、一緒にがんばりましょう。

ページの先頭へ

MENU

048-446-6622

受付時間 9:00 ~ 13:00 / 14:30 ~ 19:30
休診日 日・祝日 / 土曜日は17:30まで

048-446-6622