成人矯正

成人矯正の治療期間は使用する矯正装置の種類や治療範囲、歯の状態、年齢などで異なりますが、早くて半年、長くて3年以上もかかります。そのため、途中で挫折するかもしれないと感じ、矯正治療を受ける決断ができずにいる方は多いのではないでしょうか。

そこで、矯正治療にかかる期間や早く矯正を終えるためのポイントなどをご紹介します。ご自身に合った矯正治療を見つける際の参考にしてみてください。

歯列矯正の期間
≪矯正治療期間≫と≪保定期間≫

歯列矯正の期間は、「矯正治療期間」と「保定期間」に分けられます。

歯科矯正の治療期間(歯を動かす期間)

矯正装置を装着して歯を動かす期間です。全顎矯正の治療期間は1~3年、部分矯正は2ヶ月~1年程度が目安ですが、歯の状態や使用する矯正装置など、さまざまな要因で治療期間が変動します。

保定期間

矯正治療後、そのまま放置すると歯が元の位置に戻ろうとします。その結果、後戻りが生じて再治療が必要になる恐れがあります。この後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)を装着し、歯並びを安定させます。保定期間の目安は1~2年程度です。最初の半年~1年程度は、ほぼ1日を通してリテーナーを装着する必要があります。その後、1年半~2年目以降は就寝中のみ、週に数時間程度など、少しずつ装着時間を短縮していきます。

保定期間も矯正期間と同様に歯の状態や適用範囲などで変動するため、歯科医師の指示に従うことが大切です。

成人矯正治療の装置・
治療範囲別にみる平均治療期間

表側矯正
(マルチブラケット法・唇側矯正・ワイヤー矯正)

表側矯正は歯の表面にブラケットを装着し、ブラケット同士をワイヤーでつなげることで歯に力をかけます。治療期間の目安は2~3年程度です。従来の金属の装置のほかに、セラミックやプラスチックなど比較的目立たない素材を使用した装置もあります。

裏側矯正
(マルチブラケット法・舌側矯正)

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを装着し、ワイヤーでつなぎ合わせて歯に力をかけていく矯正治療です。治療期間は2~3年程度と、表側矯正とほぼ同じとなっています。外側から見えにくいというメリットがありますが、表側矯正よりも高い技術が求められる点に注意が必要です。

新型ブラケット矯正
(セルフライゲーションブラケット)

ブラケットとワイヤーをつなぎ合わせないことで摩擦力を抑えた矯正装置を使用します。歯にかかる力が従来のワイヤー矯正の半分程度のため、痛みや違和感を抑えられるとともに治療期間を短縮できます。治療期間の目安は1年~1年半程度です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、歯に透明で薄いマウスピースを装着し、決められた時間・期間の装着を続けることで歯を動かす矯正治療です。矯正期間の目安は5ヶ月~2年程度です。

矯正治療期間を早めたい方

装着時間を守る

マウスピース矯正は、使用するマウスピースの種類で異なりますが、1日20時間以上の装着が必要です。マウスピースは取り外し可能なことがメリットですが、装着時間を管理できていないと矯正期間が長くなったり、十分な効果を得られなくなったりする恐れがあります。

むし歯や歯周病予防に努める

むし歯や歯周病が原因で治療を中断することになれば、矯正期間が長くなってしまいます。ワイヤー矯正では矯正装置をご自身で取り外せないため、歯ブラシがすみずみまで届かなくなることで、むし歯や歯周病のリスクが高まるでしょう。ブラッシング指導を受けたうえで、丁寧で正しい歯磨きを習慣づける必要があります。

リテーナー(保定装置)は必要不可欠

矯正治療後の保定期間にリテーナーを装着しない、装着時間が短すぎるといった場合、後戻りする恐れがあります。保定は矯正治療に必要不可欠なため、歯科医師の指示に従ってリテーナーを装着しましょう。

TOPへ戻る
tel.048-446-6622 24時間WEB予約 24時間WEB予約 tel.048-446-6622