矯正歯科

  • HOME > 
  • 矯正歯科

矯正歯科治療について

矯正歯科治療について 歯科矯正治療は子供が受けるイメージがあるかもしれません。そのため、治療を諦めてしまっている大人の方がいるかもしれませんがご安心ください。今からでも治療をはじめられ、歯並びをきれいに整えることができます。
それでも矯正治療していることをまわりの人に知られてしまうのが気になって、やはり治療はできないと思っている方がいらっしゃるかもしれません。そのとき思い浮かべている矯正装置は歯の表面に金属装置を貼りつけ、ワイヤーを通す「メタルブラケット」だと思います。「メタルブラケット」はさまざまな歯並びに使用できますが、確かに目立ちます。しかし今では目立ちにくい矯正装置も開発されています。「スポーツを楽しみたい」「楽器を演奏したい」「いつものように食事をしたい」などのご要望に合わせた矯正装置をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。

歯の矯正は笑顔を引き立て心と身体を健康にします

患者様が歯科矯正治療を受けるおもな理由は、「気になる歯並びをきれいにしたい」です。矯正治療では、美しく健康的な歯並びや咬み合わせに導きますが、じつは美しく整えるだけではありません。歯並びが整うと、スムーズな咀嚼ができ消化吸収が助けられ、身体の健康にもつながるのです。顔や全身のバランスも整います。
東川口駅北口から徒歩1分の歯医者「れおファミリー歯科」の矯正歯科では、子供の小児矯正にも大人の成人矯正にも対応しています。美しい歯並びで笑顔に自信を取り戻してください。

矯正治療で歯並びを整えるメリット

虫歯のリスクが減る クリアな発音ができる
歯並びが整うと口腔内の自浄作用がはたらきやすくなり、またブラッシングがしやすくなります。汚れがたまりにくいので虫歯や歯周病のリスクを軽減できます。 歯と歯の間から空気がもれることもなく、舌の動きも妨げられないので、滑舌がよくなり、発音がクリアになります。
顎の健やかな成長につながる 食事がしやすくなる
成長期に歯並びを整えると、咬み合わせのバランスが整い、顎の健やかな成長につながります。 歯並びが悪いと食べ物が咬み切れなかったり、うまくすりつぶせなかったりすることがありますが、歯並びが整うと食べ物を細かく砕く咀嚼がスムーズになります。
口の中のケガが減る 顎関節症のリスクが減る
歯並びの乱れていると頬を咬んだり、舌を咬んだり、歯ぐきに当たったりして口の中を傷つけてしまうことがありますが、歯並びを整えると口腔内のケガが減り、感染リスクも低下します。 歯並びが悪いと顎関節に過度の負担がかかることがあり、顎関節症になってしまうことがあります。歯並びが整うとそのリスクを低減できます。
コンプレックスの解消につながる
歯並びが整いきれいになると見た目のコンプレックスが解消され、口元を気にせず笑ったり話したりできます。明るく前向きな性格形成にもつながります。

れおファミリー歯科の矯正装置の種類

ワイヤー矯正(表側矯正)

ワイヤー矯正(表側矯正) ワイヤー矯正とは、ブラケットという矯正装置を歯に取り付け、そこにワイヤーを通して力をかけることで、歯を理想的な位置へと動かす矯正治療です。適用できる症例が幅広く、取り外す必要がないことがメリットです。一方で、矯正治療が目立ちやすい、口の中を傷つけることがある、硬い食べものや粘り気が強い食べものが制限されることがあるなど、デメリットもあります。
当院では、目立ちにくい審美ブラケットを用いたワイヤー矯正をご提案しております。ブラケットが白色や透明のため、金属のブラケットと比べて目立ちにくいことがメリットです。金属のブラケットと比べて費用が少し高く、素材によっては強度が劣ります。

裏側矯正(舌側矯正) 

裏側矯正(舌側矯正) 裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを取り付けてワイヤーを通し、歯に力をかけて動かす矯正治療です。歯の裏側は複雑な形状をしているため、表側に矯正装置を取り付ける治療よりも高い技術が求められます。口を開けたときに矯正装置が目立たない一方で、表側矯正と比べて費用が高く、適用できる症例が限られるというデメリットもあります。
また、話しづらさを感じることがありますが、数日から数週間で慣れるでしょう。

マウスピース矯正

マウスピース矯正 マウスピース矯正とは、コンピューターシミュレーションに基づいて設計されたオーダーメイドのマウスピースを装着し、装置を何度か交換しながら段階的に歯を動かす治療法です。1日20時間~22時間ほど装着し、2週間~1ヶ月ごとに次の段階のマウスピースに交換します。
マウスピースの厚さは0.5mm程度のため、装着時の違和感が少なく、口を開けたときに目立つこともほとんどありません。

そのほかの矯正方法

ハーフリンガル矯正

上の歯列には裏側矯正、下の歯列には表側矯正を適用する方法です。費用を抑えつつ、可能な限り目立たない矯正治療を受けたい方に適しています。

コンビネーション矯正

表側矯正・裏側矯正で歯をある程度動かしてから、マウスピース矯正で仕上げる矯正方法です。費用を抑えつつ快適に矯正治療を受けたい方に適しています。

インプラント矯正

矯正用のインプラントを顎の骨に埋め込み、それを軸にして歯に力をかけて動かす矯正方法です。表側矯正あるいはマウスピース矯正と併用します。